返済を楽にするためのローンの使い方

おまとめや借り換えが必要な理由

借金のストレスを少しでも和らげためにできること

月々の返済金額を減らす

毎月の返済額を減らすことができれば、生活にゆとりができますし、蓄えを作ることで、繰り上げ返済の可能性も出てきますので月の支払額を減らすことはとても良いことです。
返済先を毎月1カ所1日だけにする

複数の返済先があると、返済日がことな.ることで収入と支出のタイミングを計りづらくなります。月に1カ所1日だけの返済であればトータル返済額が同じだとしても、その月の返済以外の金額を把握しやすくなります。
債務全体を減らす

金利を下げれば元金に対する利息が当然減りますから、総返済額が減り、返済回数または、1回の返済額を減らせますから完済までのストレスが和らぎます。

上記3つのことを実現させる方法は?

借換えをする

月々の返済額や返済回数が減らせます。

ただし、借換え手数料がかかるような場合は、金利が下がってもトータルで損をすることもありますので注意しましょう。
住宅ローンなどの場合は借換え手数料が必要なことがあります。
原則目的の定めのない現金の借り換えの場合は、極度型のカードローンで借り替えれば普通は手数料はありません。
借換え専用のローンではなく、極度型のカードローンの方が有利です。限度額内であれば何かの時に追加の借入も出来るからです。
また極度型のカードローンでも金利が低くなければ借り換えように利用しても意味がありませんから、基本的には金利の低い銀行のカードローンをまず第一に考えましょう。
極度型のカードローンの審査に通らないようであれば、借換え専用のローンを申し込みましょう。それ以外の手段として、ノンバンクのカードローンで借り替えるという方法も無くはありません。
ノンバンクは総量規制の対象になりますが、返済のための借換えであって、借主が一方的に得をする借換えであれば、総量規制の例外となります。この一方的に得をするというのは、月々の返済額が軽減されるだけで良いので、金利が現況より下がらなくても、返済回数が伸びれば月の返済額が減りますので、その場合でも、総量規制の例外として認められます。

1につまとめる

複数の借り先相手があるのであれば、1カ所でその借入の総額分を借りて返済してしまう。つまり返済先を1本にしてしまう、1本化とかおまとめといった方法を取ります。

借りているところが複数でも、借換え先は1つにするという事です。このメリットは、前日した返済日を1つにすることに繋がりますし、たいていの場合、借りる額が大きい方がその利息は低く設定されているからです。
極度型の銀行のカードローンがおすすめですが、たくさん借り入れがある場合は審査に通りにくいので、「おまとめローン」や「借り換えローン」というような、目的を持ったローンに申込んでみるといいかもしれません。
ただし、おまとめローンの場合は、借金の額分までの申込みになりますし、極度型ローンとは違って、最初に借りた分を返済するだけで、新たに借りられるわけではありません。
返済の目的だけに絞った借り入れとなります。それだけフリーローンよりは審査に通る可能性があるという事です。