教育ローンの選び方について

増大するな教育費をどうするか?

大学全入自体と言われる現代、よりごのみしなければ大学の定員を下回る志願者のため、誰でも大学に進学できるようになってきています。ただし、お金を払えればという条件付きです。

子供が減る中、大学側も経営は苦しく、相当な金額の入学金や授業料が必要になってきます。4年制私大の4年間の最低必要な教育費は、日本の平均年収ぐらいは当然で、学部によってはそれ以上。
学生の生活費や交通費などを入れればもっと膨大な金額になってしまいます。
この教育費を賄うために多くの家庭では、奨学金や教育ローンを利用していますが、これからそれが必要という場合は、どのようにして選んだらいいでしょうか?その目安となるための基礎知識を身に着けておきましょう。

奨学金

奨学金は、経済的な事情で進学が困難な過程の子供が利用できる教育資金です。しかし奨学金といっても、日本の奨学金のほとんどは、貸与型です。つまり卒業後に返済していかなければならないので、金利の低い教育ローンと変わりません。一部の大学などでは給付型の奨学金を出しているところもありますが、対象人数は少なく、成績優秀者だけの狭き門です。

賞与型の奨学金も条件が有りますし、必要な金額全部を賄えるほどの貸与とは限りません。また、入学時に収める金額が一度にもらえるわけではなく、後から毎月少しずつ支払われることになります。ですから、多くの場合奨学金を利用できたとしても、教育ローンの併用が必要になる可能性がおおきいでしょう。

教育ローン

教育ローンと奨学金が違うのは、奨学金は子供本人に対して貸すお金で、教育ローンの場合は、子供の保護者に貸すお金ということです。奨学金を社会人になってから子供が返済していくのも大変ですし、教育ローンを返済していく親も大変です。どちらにしても親と子で返済していくことになるでしょう。(平成24年度末の奨学金返還の延滞者は約33万人)

教育ローンにも、色々なものがあり奨学金並みの金利の国の教育ローンや8%ぐらいの金利になる民間金融機関の教育ローンもあります。ただし民間の教育ローンの場合は条件や金利にも大きな幅も有、国の教育ローンのよりも金利の低い教育ローンもあります。できれば奨学金だけで済ませればいいのですが、実際には難しいのが現状ですから、教育ローンを利用するための選び方の知識を身に着けておく必要があるでしょう。