自動車ローンの選び方

自動車ローンを比較しよう

自動車を購入する場合多くは、ローンを利用します。ただこのローン、販売店で言われるままにローンを契約している事が多く、あまり他の自動車ローンについて比較検討している人は少ないでしょう。

実は他の自動車ローンを利用するという事すら知らない人もいるようです。けっこう大きな買い物なのに、住宅ローンは比較選択しても、自動車ローンは比較検討していない場合が多いのではないかと思います。
自動車販売店、ディーラーは、信販会社と提携していて、契約マージンももらえるので、普通はそのまま自分の会社で取り扱っているローンを当然のように勧めてきます。このローン手数料からのキャッシュバックも勘定に入れて、自動車購入総額からの値引きを行っている場合もあります。

自動車ローンの種類

では、販売会社取扱いの自動車ローン以外の方法としてどんなローンがあるかといいますと、銀行、信用金庫、労金、JA、保険会社、その他専門のローン会社などになります。

多くの場合、信販会社の分割払いよりも金利が低いことが多いと思います。
ただし、金利以外にも信販会社とそれ以外の銀行等の自動車ローンでは審査時間や手続きなどに違いがありますので、そだけでは選択できない点もあるのでトータルで比較してみることが必要ですね。

審査の速さ

審査の早さで言えば、やはり信販会社の方がスピーディーです。販売会社から直ぐ情報が渡されるので余計な時間が短縮されます。

申込手続の簡易さ

購入が゜決まればその場で直ぐに販売会社で申込書類がかけますし、手続きは販売が社が全て手配してくれるので簡単です。銀行など別途ローンを組む場合は自分で店舗迄行って手続きしなければなりません。結構これが面倒だという人もいるでしょう。

金利・利息

一般的な話ではありますが、信販会社よりも自動車ローンを扱っている信販会社以外の銀行などの金融機関の方が金利は低くなります。自分で手続きをしない分、信販会社はディーラーのマージンも有るので高くなっていると考えていいでしょう。

自動車の所有権

実は、信販会社で分割払いする場合厳密にはローンとはちょっと違った契約になるので、所有権はすべて支払うまでは信販会社のものになります。これに対して、銀行などの自動車ローンは、借りたお金で車を購入して、その借りたお金をローンで返済するという契約になるので、所有権は最初から購入者になるのです。普段の使用でそのことを意識する必要はないでしょうが、気分的な事もありますね。

購入費用以外も使える

銀行などの自動車ローンの場合、自動車取得のための費用だけでなく、免許取得から、購入、車検まで全ての事がローンの対象とすることができます。購入前の免許取得からローンを利用していれば、実績も作れますので、自動車購入の時のローンも契約しやすくなると思います。また3年後にやってくる車検のためのローンも利用できますから、1カ所でまとめておくというのも便利かもしれませんね。